新能源设备

ここから本文です。

新能源设备


秘書課 Tel059-382-7601 Fax059-384-2561

 市民の皆様へ

 現在、新型コロナウイルス感染症が日本国内で広がっています。
 本市では、各方面の情報共有を図りながら、迅速かつ的確な対策を講ずるため、令和2年1月31日(金曜日)に「鈴鹿市新型コロナウイルス感染症対策連絡調整会議」を実施しました。その後、2月7日(金曜日)には「鈴鹿市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、市主催の全てのイベントや行事について、縮小、延期または中止などの対応とするとともに、市が共催、後援するイベント・行事についても関係団体などと調整しています。
 また、2月27日(金曜日)には安倍総理による全国全ての小・中・高等学校の休校要請を受け、3月2日から春休みまで、市立小・中学校および幼稚園を休校・休園といたしました。休みの期間につきましては、感染状況などをみながら判断していきたいと考えております。さらに市内の文化施設やスポーツ施設などにつきましても、3月1日(日曜日)から約2週間程度の一定期間、閉館することといたしました。
 なお、学校が休校となることによる家庭への影響を鑑み、市内の放課後児童クラブ(45カ所)に対し、可能な限り開設時間を拡張していただくようにお願いをいたしました。市内全てのクラブにおいて運営をしていただいておりますので、既に放課後児童クラブを利用中の方につきましては、ご利用のクラブへ直接お問い合わせください。また、放課後児童クラブを利用されていない児童のうち、1年生から4年生までの児童で、子どもを1人で在宅させることが困難な場合には、小学校へ直接ご相談ください。
 本市といたしましても、市民生活への影響に配慮しつつ、できるかぎりの対策を講じてまいります。刻々と変わる状況の中ですが、必要な情報をホームページなどで随時発信するとともに、市民の皆様が安心して生活できるよう対応してまいります。
 市民の皆様におかれましては、引き続き咳エチケットや手洗いなどを徹底していただくとともに、不要不急の外出は控え、換気が悪く密集した場所や不特定多数の集まる場所は避けていただくなど、感染予防に努めていただきますようお願いいたします。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、ご注意いただきますようお願いいたします。
 お一人お一人が冷静な判断のもと行動していただくことで、感染拡大の防止につながるものと確信しておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年3月3日
鈴鹿市長 末松 則子